訪問介護対応のソフト|ケアネットメッセンジャーを取り入れよう|介護業界の便利サービス

ケアネットメッセンジャーを取り入れよう|介護業界の便利サービス

女の人

訪問介護対応のソフト

シニア女性

使い方を考えて選ぶこと

訪問介護ソフトを活用しようと考えているのであれば、どのような形で使用したいのか考えて選ぶことが必要不可欠です。一般的な介護施設であれば、ソフトを使用するのは、施設内のみという形でソフトを導入する例も多くあります。一方、訪問介護ソフトの導入を検討する場合、訪問介護先でもソフトを利用するかもしれません。訪問介護先では、タブレットやスマートフォンからソフトを使うことになります。このような外出先でも利用できるソフトなのか、また同時に何台までソフトが起動できるのかという点を含めて、導入するソフトを選ぶようにしましょう。最初に、どのように使いたいのか条件を整理して、それからソフトを探していくことも大切です。

比較してあったソフト選び

状況にあった訪問介護ソフトを利用するために必要となるのが、比較して選ぶという点です。いくつかの訪問介護ソフトを、同じ条件で比較するようにしましょう。比較するべきポイントは、使い勝手の他にも値段や初期費用など様々な項目で比べることが大切です。この時に忘れてはいけないのが、使うのは1人だけではなく、複数人が使用するソフトになるという点です。可能ならば、使う方全員の意見を取り入れて、より良い訪問介護ソフトが導入できるようにしましょう。またパソコンやタブレットの操作に不慣れな人が多い場合には、サポートに注目することも忘れてはいけません。電話でのサポートがある場合には、サポートの対応時間も合わせて確認が必要です。

Copyright© 2016 ケアネットメッセンジャーを取り入れよう|介護業界の便利サービス All Rights Reserved.